ミニストップ、成人誌の販売をストップ

ミニストップホームページより
ミニストップホームページより【拡大】

  • 成人向け雑誌の販売中止について記者会見し、握手するミニストップの藤本明裕社長(左)と千葉市の熊谷俊人市長=21日午前、千葉市役所

 コンビニエンスストアのミニストップは21日、成人誌の取り扱いを12月から順次、中止すると発表した。女性客や家族連れを中心に「成人誌があると店に入りにくい」、「目に入るのは迷惑」といった声があったことに対応する。

 千葉市内(43店舗)で今年12月から先行して販売を中止。来年1月から全国(10月末で2245店舗)で取り扱いをやめる。

 同社によると、雑誌売上高に占める成人誌の割合は1割程度。すでに成人誌の販売を中止している一部の店舗では女性の来店客が増えていることもあり、成人誌の販売中止が売り上げに与える影響は限定的とみている。