除染土再利用で実証事業 福島・飯舘村で環境省

除染土再利用をめぐり、伊藤忠彦環境副大臣(右)と意見交換し、確認書を掲げる福島県飯舘村の菅野典雄村長(左)ら=22日午前、飯舘村
除染土再利用をめぐり、伊藤忠彦環境副大臣(右)と意見交換し、確認書を掲げる福島県飯舘村の菅野典雄村長(左)ら=22日午前、飯舘村【拡大】

 東京電力福島第1原発事故に伴う除染で生じた土壌(除染土)の再利用をめぐり、伊藤忠彦環境副大臣は22日、福島県飯舘村で菅野典雄村長と会談し、除染土で造成した土地を利用する実証事業を行うことで合意した。環境省によると原発事故被災地では初の取り組み。

 環境省は放射性セシウム濃度が1キログラム当たり8千ベクレル以下の除染土を道路などの公共工事で再利用する方針を示している。

 実証事業は、村内で帰還困難区域に指定されている長泥行政区で実施。除染土で盛り土をした上に、放射線をさえぎるため別の土で覆う。村は造成された土地を園芸作物の栽培などに使いたい考え。事業化の前に、安全性確認のための実験も実施する。

 福島県内の除染で出た土壌などは推定で最大2200万立方メートル。飯舘村では県内最多となる約231万立方メートル(9月末時点)が保管されている。