シンドラーエレベータ社、高校生死亡の損害賠償訴訟で和解成立

 東京都港区のマンションで平成18年、住人の男子高校生=当時(16)=がシンドラーエレベータ社製のエレベーターに挟まれて死亡した事故で、遺族が同社などに損害賠償を求めた訴訟は24日、東京地裁(岡崎克彦裁判長)で和解が成立した。

 遺族は20年、安全確保を怠ったとして、シンドラー社や建物を所有する港区などに2億5千万円の賠償を求め提訴。東京地裁が今年9月に和解を勧告していた。和解は同社や港区などが「遺憾の意」を示し、和解金を支払う内容。

 事故は18年6月に発生。高校2年の市川大輔さんが、突然上昇したかごの床と外枠の上部に挟まれ死亡した。消費者安全調査委員会は昨年8月、ブレーキ部品の摩耗などが事故原因とする報告書を公表した。

 刑事裁判ではシンドラー社の社員らが業務上過失致死罪に問われ、東京地裁は27年、同社社員1人を無罪、保守管理会社側の3人を有罪とした。いずれも東京高裁で公判中。