相撲協会は「世間知らずの集団」 日馬富士問題で分かった無能ぶり (1/3ページ)

21日夜、福岡空港に到着した横綱・日馬富士(仲道裕司撮影)
21日夜、福岡空港に到着した横綱・日馬富士(仲道裕司撮影)【拡大】

ニッポンの謝罪道

 横綱・日馬富士による貴ノ岩暴行事件についてグダグダした報道が続いているが、これは一体何が原因かと考えると、これである。

 仕事ができない連中が、特異過ぎる環境内におけるしがらみだらけの中で最善を尽くそうとしているからグダグダする

 暴行の現場にいた横綱の白鵬や鶴竜は「ビール瓶では殴っていない」「40~50発も殴っていない」など、日馬富士擁護に動いた。一方、貴ノ岩の師匠・貴乃花親方は協会の事情聴取に対し拒否の姿勢を貫いている。あくまでも警察を相手にする、という考えだろう。「相撲協会に説明をするとうやむやにされるかも……」といった警戒心を感じるが、あろうことか協会幹部は巡業部長である貴乃花の「降格」までにおわし、しかも協会は冬巡業には帯同させない方針だという。

◆暴行死も「かわいがり」 謝罪が下手すぎる相撲協会

 さて、今回の騒動について八角理事長はこう謝罪した。

 「この度は日馬富士の暴力問題につきまして、皆様に多大なるご心配、ご迷惑をお掛け致しましたことをおわび申し上げます」

 「できるだけ早く事実関係を明確にすべく最大の努力をして、再発防止の対策も協会の総力を結集して講じていく」(いずれもテレビ朝日より)

 2010年の賭博問題の謝罪の際は、80人の親方衆や力士が謝罪をした。時事通信によると当時の武蔵川理事長はこう語った。

 「今後の協会のあり方も含めて考えていきたい。うみを出し切り、新しいレールで踏み出せるようになれば、いつでも責任は取る」

 また、2011年の八百長疑惑の時、放駒理事長はこう語った。

 「このような事態に、大変憤りを感じ、心苦しく思っている。申し訳ない」と謝罪。「過去には一切なかった問題。全力で解明を行う」と話した。(日経新聞電子版)

 さらに、後日行われた別の会見で放駒理事長は朝日新聞デジタルによると記者との一問一答に対し、こう語っている。

 --幕内の上位力士に八百長疑惑が広がる可能性があるとみているのか。

 「特別調査委の報告を聞く限りでは、新たな疑惑は出ていない。調査が今後どうなるかは、全く分からないし、聞かされていない」

 --自身の責任の取り方については?

 「今のところ、考えていない。この問題をどう処理していくかが先。責任があることは、自覚している」

相撲協会は「世間知らずの集団」

今、あなたにオススメ
Recommended by