ティラーソン氏年内更迭か 米政権、国務長官にポンペオ氏検討

ポンペオ中央情報局長官
ポンペオ中央情報局長官【拡大】

 米ホワイトハウスは現職のティラーソン国務長官に代わり、ポンペオ中央情報局(CIA)長官を国務長官に起用するかを協議している。ホワイトハウスの当局者が明らかにした。

 トランプ米大統領の国家安全保障チームが刷新されるタイミングはまだ不透明だ。トランプ氏はティラーソン長官の年内更迭の可能性についてアドバイザーらに話していると、事情に詳しい別の関係者が述べた。実際に更迭となれば、2月に就任して以降、国務長官としては驚くほど短い在任期間となる。

 決定はまだ下されていないとして、関係者は全員が匿名で語った。

 米紙ニューヨーク・タイムズはこれより先、ティラーソン氏に代わり、ポンペオCIA長官を国務長官に起用する計画をケリー米大統領首席補佐官が立てたと報じた。後任のCIA長官には共和党のコットン上院議員を指名するという。

 トランプ氏とティラーソン氏の関係は夏に悪化したようだ。バージニア州シャーロッツビルで起きた白人至上主義者の暴力行為をめぐるトランプ大統領の発言や、ボーイスカウト米国連盟の会合でトランプ氏が政治色の強い演説を行ったことが背景。ティラーソン氏はかつて、ボーイスカウト米国連盟を率いた経歴がある。

 両者の関係は10月に一段と悪化した。ティラーソン長官は自身が国家安全保障チームの会合後にトランプ大統領を「ばか」と呼んだとする報道への対応を迫られた。ティラーソン氏は同報道を非難したものの、報道を否定したのは同氏の報道官だった。その後、トランプ氏はティラーソン氏と一緒にIQテストを受けたいと示唆した。

 トランプ大統領は11月30日、バーレーン皇太子との会談前にティラーソン氏の進退に関する記者団の質問には答えず、「レックス(ティラーソン)はここにいる」と述べた。(ブルームバーグ Jennifer Jacobs)