被災地の現状、SNSで中東へ発信 サウジのメディアに復興はどう映ったか (1/3ページ)

復興の現状に関する意見交換会に参加するサウジアラビアのメディア関係者=11月30日、宮城県石巻市
復興の現状に関する意見交換会に参加するサウジアラビアのメディア関係者=11月30日、宮城県石巻市【拡大】

  • ICTを活用したイチゴ栽培に取り組む農園を視察するサウジアラビアのメディア関係者=11月30日、宮城県山元町

 見栄えのいい料理、瀟洒(しょうしゃ)なポートレート、美しい海や空…。「ツイッター」や「インスタグラム」などのSNSのタイムラインをスクロールすれば、世界中の人々の日常や旅先での写真が並ぶ。「インスタ映え」が今年の流行語大賞になったように、人気コンテンツはときに、既存メディア以上の拡散力を持つ。中東世界を中心に多くのフォロワー(閲覧者)を抱えるサウジアラビアのメディア関係者3人が宮城の被災地を訪れた。彼らの目に、復興の現状はどう映ったのか。

 2泊3日の被災地視察は、国際交流基金が企画した。宮城県内の被災地では震災直後の平成23年5月、南三陸町の代表者らがサウジの首都リヤドを表敬訪問。今年1月には県LPガス協会が国営石油会社のサウジアラムコに、当時の緊急支援に対する表彰式を仙台市で開くなど、震災を機に交流を深めている。

 今回はデジタルメディア関係者が被災地を訪れ、ICT(情報通信技術)を活用する法人や団体を視察。現場でディスカッションや意見交換会を行った。

 イチゴ×IT

 先月30日、一行は山元町を訪れた。東北最大のイチゴ生産地として名をはせる同町。町内の栽培ハウスは津波で甚大な被害を受け、約9割が流失。それから6年8カ月、法人や個人の生産農家が立ち上がり、今ではハウスが立ち並ぶ風景が取り戻されつつある。

宮城からサウジへの技術輸出も