神鋼子会社が講習時間不足、延べ2万3千人対象 建機技能講習、北九州などで

 神戸製鋼所子会社のコベルコ建機(東京)は13日までに、建設機械の技能講習を手掛ける傘下のコベルコ教習所(千葉県市川市)で、講習時間不足が見つかったと発表した。2012年6月から17年4月まで延べ約2万3千人が対象。該当者には不足分の補講を行う。

 コベルコ建機によると、北九州教習センター(北九州市)で昼食前の1時間の講習を14分早く終了していた。受講者が弁当業者に代金を支払い、弁当を受けとってもらうため時間を短縮していたという。

 これとは別に、広島教習センター(広島市)で17年11月1日以前に実施した実技教習でも、講習時間が一部不足しており、特定を進めている。