奈良高専チーム、廃炉ロボットで最優秀賞獲得

第2回「廃炉創造ロボコン」で最優秀賞に選ばれた奈良高専チームのロボット=16日午後、福島県楢葉町
第2回「廃炉創造ロボコン」で最優秀賞に選ばれた奈良高専チームのロボット=16日午後、福島県楢葉町【拡大】

 東京電力福島第1原発の原子炉建屋を想定した会場で、高専生が自作ロボットの操作技術を競う「廃炉創造ロボコン」が16日、福島県楢葉町で開かれた。廃炉技術に興味を持ってもらおうと文部科学省などが主催し、今年で2回目。全国15の高専から16チームが参加し、最優秀賞は奈良高専のチームが獲得した。

 競技会場は、階段で2階まで上れる「モックアップ階段」と、床に凹凸がある「ステップフィールド」の2種類があり、各チームはいずれかを選んでロボットを操作。強い放射線の影響があると想定し、ロボットに搭載したカメラを5分間しか使用できないといった制限があるのが特徴だ。

 モックアップ階段は、奈良高専など3チームのロボットが2階まで上って課題をクリアし観客から拍手が湧き起こった。一方、地元の福島高専など多くのチームが階段の上り始めで苦戦した。

 奈良高専チームリーダーの安川昂佑さん(20)は「まさか1位を取れるとは思っていなかった。今までの努力の成果だと思う」と喜びを語った。

 ロボコンは2019年まで開催することが決まっており、来年はより廃炉現場に近い課題を設定する予定。