育児放棄の原因 胎児期に受け取った特定ホルモンの量関与 高崎健康福祉大らの研究で解明 群馬

 群馬県の高崎健康福祉大の下川哲昭教授らは、マウスの実験で、育児放棄(ネグレクト)の原因について、胎児期に受け取った特定ホルモンの量が関与しているとするメカニズムを解明した。人にも応用できるか、今後研究を進めていくという。

 特定ホルモンは、脳下垂体から分泌される「プロラクチン」で、乳腺の発達を促すなど子育てと関係している。

 ネグレクトマウスと正常マウスで、妊娠後期の血中プロラクチン濃度を調べた結果、ネグレクトマウスの方が濃度が低く、そのマウスから生まれた子供は、ほとんど育児をしないことがわかった。

 また、ネグレクトマウスにプロラクチンを投与したところ、その子供の約7割が通常の育児をしたといい、下川教授らは、育児放棄になるかならないかは、胎児期に受け取ったプロラクチンの量に関係すると結論づけた。

 下川教授は「今後、人でも母親の胎児環境という視点で研究を進めていきたい。また、ホルモン療法によるネグレクト回避の研究への展開も期待したい」と話した。研究成果は、米科学アカデミー紀要電子版に掲載された。