元は旧陸軍鉄道連隊施設 新京成電鉄 千葉・北西部を走り続けて70年 (1/2ページ)

真新しい高架線を、乗り入れの京成千葉線千葉中央駅に向かって走る電車=新鎌ケ谷駅(江田隆一撮影)
真新しい高架線を、乗り入れの京成千葉線千葉中央駅に向かって走る電車=新鎌ケ谷駅(江田隆一撮影)【拡大】

  • 高架線となり橋上化された新鎌ケ谷駅に到着する新京成電車(江田隆一撮影)

 新京成電鉄が27日、開業70周年を迎える。かわいい1両編成でスタートした車両は、70年間に6両編成となって沿線は田園から都市部に変貌、電車も高架を走るようになった。沿線住民の足であることはこれからも変わらず、今後も県北西部の発展を見守り続ける。(江田隆一)

 新京成の元になったのは、旧陸軍鉄道連隊施設だ。京成電鉄が津田沼-松戸間演習線を使った民営鉄道を計画して買収。運行会社の「新京成電鉄」が昭和21年10月に設立され、22年12月27日、新津田沼-薬園台2・5キロを一番電車が走った。

 これが戦後誕生した最初の新設鉄道なのが自慢。電車は時速30キロで走り、両駅を約5分で結んだ。津田沼の市街まで1時間近く歩いていた沿線住民の生活は大きく変化。開業半年間で約55万人、1日約3千人が利用したという。

 京成津田沼-松戸間(26・5キロ)の全線開通は30年4月21日。松戸でのイベントでは、祝賀花火の不手際から、寺の薬師堂を焼失した苦い思い出が記録に残る。54年~平成4年には北総線に乗り入れ、18年からは日中時間帯に京成千葉線の千葉中央駅まで直通運行している。

 全線開通時には「住宅誘致による定住人口の急速なる増加をもたらす」(運輸大臣への申請書から)と、運賃を1キロ当たり3円60銭から3円に値下げ。沿線開発と一体化して乗客増を図る経営方針は伝統という。

「高架からの眺めが新鮮」