JR信越線、大雪で乗客600人11時間以上閉じ込め 運転再開の見通し立たず

積雪のため動けなくなり、乗客が車内に閉じ込められたままのJR信越線の電車=12日午前1時15分、新潟県三条市
積雪のため動けなくなり、乗客が車内に閉じ込められたままのJR信越線の電車=12日午前1時15分、新潟県三条市【拡大】

 新潟県三条市のJR信越線踏切で乗客約600人が乗った普通電車(4両編成)が雪のため立ち往生したトラブルで、JR東日本は12日、現場付近で線路の除雪作業を続けた。運転再開の見通しは立っていない。

 乗客は電車が動けなくなった11日午後7時ごろから、車内に閉じ込められた。消防によると、乗客の40代男性と10~20代の女性4人の計5人が体調不良を訴え、男性が病院に搬送された。

 JR東日本によると、停電はしておらず、車内灯や暖房は機能しているという。同社は「線路にも雪が積もり、車外に出るのは危険」として、バスやタクシーによる代替輸送は手配しなかった。

 立ち往生したのは新潟発長岡行き普通電車。新潟県内の信越線は、雪でダイヤが大きく乱れていた。