【はれのひ社長会見詳報(2)】「どんなに謝っても取り返しのつかないことを」と篠崎洋一郎社長 (1/5ページ)

会見に臨む「はれのひ」の篠崎洋一郎社長=26日午後、横浜市中区(川口良介撮影)
会見に臨む「はれのひ」の篠崎洋一郎社長=26日午後、横浜市中区(川口良介撮影)【拡大】

  • 記者会見で、言葉を詰まらせる「はれのひ」の篠崎洋一郎社長=26日夜、横浜市中区
  • 記者会見で、厳しい表情を見せる「はれのひ」の篠崎洋一郎社長=26日夜、横浜市中区
  • 記者会見する「はれのひ」の篠崎洋一郎社長=26日夜、横浜市中区

 社長の謝罪や経緯説明が続く

 --被害者からは現金で払えば安くなる、振り込みを急がせているような証言もある。倒産する可能性がありながら支払いを急がせていたのでは

 篠崎氏「顧客サービスで一時的に現金だと5%安くとお客さまは言われたと思うが、クレジットで買うお客さまが多かったので、そちらも金利が高いので、やめたんですね。10数%金利がかかるので。やめる代わりに、顧客サービスとしてキャンペーンを実施しました」

 --当日連絡なしに、店舗の営業停止というのは無責任では。今後どう対応していくんですか

 同「今後は、店は営業できない状態なので。そこの再建の見込みは立っておりませんので。今ある店舗に関しては、返却など終えて、整理がついたら、店は全部閉店します」

 --数日前にせめて連絡はできなかったですか

 同「最後まで可能性ある中で、全部の成人式を実施したかったので。そういう思いでやっていたが、結果的にそうできなかった。今思えば、何回かはお客様に連絡するタイミングはあったと思います」

 --今思えば連絡するタイミングがあったんですよね。被害者には何か言葉はあるか