【評伝】不屈の技術者、電卓・液晶で世界に貢献 シャープ元副社長、佐々木正さん (1/2ページ)

佐々木正シャープ元副社長
佐々木正シャープ元副社長【拡大】

  • インタビューに答える、佐々木正・元シャープ副社長

 シャープ元副社長の佐々木正さんは小型電卓・液晶開発の草分けとして、困難を乗り越え、斬新な商品を次々と世に出した。産業界の発展だけでなく、生活者の利便性向上に寄与した。

 「あれが液晶の勝負の分かれ目だった」。佐々木さんは数年前、記者とのインタビューでこのように語った。液晶技術の開発は約50年前にさかのぼる。小型電卓に使おうと、先行していた米企業に液晶技術の連携を申し込んだが、「電卓では機能しない」と断られた。佐々木さんは不屈の精神で技術陣を鼓舞し、世界初の液晶を搭載した小型電卓の商品化に成功した。

 シャープは液晶技術を電子辞書やパソコン、薄型テレビなどに応用して黄金時代を築き、49歳での中途入社にもかかわらず、佐々木さんは専務、副社長へと昇進の階段を駆け上がった。

 シャープの前には川西機械製作所(現デンソーテン)などに勤務し、米国の技術者から未開発の素材「トランジスタ」の提供を受け、カーラジオ開発で実用化させた。

江崎玲於奈氏、孫正義氏…才能を見抜くことにもたけていた