最小級ロケット打ち上げ成功 再挑戦で雪辱、超小型衛星を投入

超小型衛星を搭載し打ち上げられる小型ロケット「SS520」5号機=3日午後2時3分、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所
超小型衛星を搭載し打ち上げられる小型ロケット「SS520」5号機=3日午後2時3分、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所【拡大】

  • 超小型衛星を搭載し、打ち上げられる小型ロケット「SS520」5号機=3日午後2時3分、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所
  • 上昇する小型ロケット「SS520」5号機を見上げる人たち=3日午後、鹿児島県肝付町

 人工衛星の打ち上げ用としては世界最小級のロケット「SS520」5号機が3日午後2時3分、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県肝付町)から打ち上げられた。衛星を予定の軌道に投入し、打ち上げは成功した。

 昨年1月に4号機が機体の不具合で失敗したことを受け、設計を改良。東大が開発した重さ約3キロの超小型衛星「トリコム1R」を搭載し、再挑戦での成功となった。トリコム1Rは地球の撮影や地上との通信を行う予定。

 超小型衛星を低コストで運ぶ小型ロケットの実用化を目指す経済産業省のプロジェクト。高価な専用部品を減らし、家電や携帯電話に使う民生部品を活用した。打ち上げ費用は約5億円。この技術を民間に普及させ、宇宙ビジネスの拡大につなげる狙いがある。

 SS520は大気上層を観測する2段式の固体燃料ロケットとして開発された。5号機はこれを全長約9・5メートルの3段式に改良し、衛星の打ち上げを可能にした。

 昨年1月15日、今回と同型の4号機を打ち上げたが、直後に通信が途絶し飛行を中断。JAXAによると、機体の軽量化のため新たに使った細い電線の配置の工夫が不十分で、飛行時の振動で機体に当たって摩耗し、保護膜が破れてショートが発生した。この影響で通信機器の電源が故障したことが原因とみて設計を改良した。