日本海側で雪続く 気象庁が警戒呼び掛け

 強い寒気や低気圧の影響で、日本海側は6日、北陸地方を中心に雪が降り続いた。気象庁は北日本から西日本では、7日にかけて日本海側を中心に大雪になるとして、警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、北日本の上空約5000メートルには氷点下39度以下の強い寒気が流入。西日本の上空にも寒気が流れ込んでいるほか、日本海中部に発達した低気圧があり、ゆっくり東へ進んでいる。

 6日午前7時までの24時間に降った雪の量は、富山県朝日町で71センチ、石川県白山市で66センチ、新潟県長岡市で62センチなど。気象庁は東日本から西日本の太平洋側でも大雪となるところがあるとしている。

 7日午前6時までの24時間予想降雪量は、多いところで、北陸地方80センチ、東海60センチ、北海道、東北、近畿、中国50センチ、四国30センチ、九州北部20センチ、関東甲信10センチ。