眞子さまご結婚延期 背景分からず当惑の声 「焦らずに」と理解も

職場を出られる秋篠宮家の長女眞子さま=6日午後6時9分、東京都千代田区
職場を出られる秋篠宮家の長女眞子さま=6日午後6時9分、東京都千代田区【拡大】

  • 「みどりの『わ』交流のつどい」の式典で、あいさつされる秋篠宮家の長女、眞子さま=4日午後、東京都港区の明治記念館

 秋篠宮家の長女、眞子さまと小室圭さんの結婚延期が明らかになった6日、皇居や小室さんの自宅周辺では、背景が分からず戸惑う声が聞かれた一方、「焦らずに」と温かく見守る人々もいた。「眞子さまのお気持ちに変化があったのかな」。出張で上京し、皇居近くにいた大阪市の会社員、森川耕次さん(44)は突然の発表に首をかしげた。宮内庁は、眞子さまの結婚の意思は変わられていないとしたが、森川さんは「婚約破棄など、変な方向に向かわなければいいが…」と心配した。

 東京都中央区の男性会社員(39)は「段取りを踏んできたのに延期とは。背景に何かあるのではないか」。眞子さまが宮内庁を通じて発表された2人の「お気持ち」には「十分な準備を行う時間的余裕がない」とあり、男性は「結婚を急ぐ必要はない」とも話した。