銀座の区立泰明小が今春から「アルマーニ」の制服導入 高額出費に不安の声も

画像はイメージです(Getty Images)
画像はイメージです(Getty Images)【拡大】

 東京・銀座にある中央区立泰明小学校が高級ブランド「アルマーニ」デザインの標準服を導入することが8日、分かった。今春入学の1年生から切り替える。購入価格は今の2倍以上に値上がりする見込みで、保護者からは不安の声も上がっている。

 区教育委員会によると、新標準服の販売価格は上着、ズボン・スカート、シャツ・ブラウス、帽子の4点で4万円以上になり、男女ともに2万円以下で購入できる今と比べると価格は約2・5倍になる見込み。任意購入のセーターなども加えると8万円以上になる。在校生は現在使用している標準服の着用を続ける。

 同小は昨年9月、入学希望の保護者らに新標準服の導入方針を説明。だが、価格帯について詳しい説明があったのは同年11月に入ってからだった。

 区教委に同小から説明があったのは昨年夏前で、銀座を拠点にする服飾企業や販売店などにデザイン監修を依頼したところ、アルマーニだけが前向きな姿勢を示した。校長は「銀座の街にある学校として、子供たちには学校に誇りを持って育ってもらいたい」などと話していたという。

 区にはこれまで、保護者らから「経済的に負担が増える」「変更について十分な説明がなかった」などといった苦情が寄せられている。教育委員会事務局の伊藤孝志・庶務課長は「一般的に新しい標準服を定める場合は保護者や地域の方々などと意見を交わし、決定することが多い。今回はこうした合意形成が不十分だったと言わざるをえない」と説明。新たな話し合いの場が必要になる可能性も示唆した。