シジュウカラの能力、京都大が解明 仲間の鳴き声で天敵イメージ

仲間の鳴き声を聞いて警戒しヘビを探すシジュウカラ(鈴木俊貴氏提供)
仲間の鳴き声を聞いて警戒しヘビを探すシジュウカラ(鈴木俊貴氏提供)【拡大】

 日本全国に生息する小鳥の「シジュウカラ」は、天敵のヘビを見つけた仲間の鳴き声を聞くと、ヘビのように動く物体に警戒行動をとることを京都大の鈴木俊貴研究員(動物行動学)が明らかにした。ヒト以外の動物が、音声によって物体をイメージできることを示す初の成果という。

 シジュウカラは多様な鳴き声を発するが、ヘビを見つけると「ジャージャー」と特別な鳴き声で仲間に知らせ、羽を動かして威嚇する。この鳴き声を録音して森に流し、ヘビが木の幹を登る様子に似せて、長さ約20センチの小枝をひもで動かしてシジュウカラの行動を調べた。

 その結果、実験した12羽のうち11羽が小枝に近づいて注意深く観察した。小枝の動きをヘビに似せず左右に揺らした場合や、他の鳴き声を流した場合は、ほとんど関心を示さなかった。

 警戒の鳴き声からヘビの姿を思い浮かべ、その様子に似た小枝に反応したとみられる。鈴木氏は「人間と同様の認知機構で音声の意味を理解していることが分かった。今後は能力の獲得過程も調べたい」としている。(伊藤壽一郎)