アレフ信者、労働実態を隠し失業給付金を不正受給 詐欺容疑で逮捕

信者が詐欺容疑で逮捕され大阪府警の捜索を受けるアレフ生野施設=26日午前、大阪市生野区
信者が詐欺容疑で逮捕され大阪府警の捜索を受けるアレフ生野施設=26日午前、大阪市生野区【拡大】

 建設会社で働いていることを隠し、失業給付金約31万円を不正受給したとして、大阪府警警備部は26日、詐欺容疑で、オウム真理教主流派「アレフ」の在家信者、遠藤一男容疑者(39)=大阪府東大阪市長堂=を逮捕したと発表した。警備部によると、「給料をもらっていたがハローワークに申告せず、失業給付金をもらっていたことに間違いない」と容疑を認めているという。

 また遠藤容疑者は「月千円、お布施を払っている」とも供述。府警は不正受給した給付金がアレフ側に流れた疑いがあるとして、同日朝からアレフ生野施設(大阪市生野区)を家宅捜索した。

 逮捕容疑は、府内の建設会社で働いていたにもかかわらず、平成25年9~11月に3回、堺公共職業安定所に「失業して無収入」と申告し、失業給付金計約31万円をだまし取ったとしている。逮捕は15日。

 警備部によると、遠藤容疑者は11年ごろから在家信者として活動。犯行当時は堺市内に住んでいたという。

 生野施設には26日午前9時15分ごろ、段ボールなどを持った府警の捜査員約20人が捜索に入った。