強風で「九州新幹線」一時運転見合わせ、JR西も3月1日の特急80本の運行取りやめ

 28日午後、熊本県内の九州新幹線の新八代(八代市)-新水俣(水俣市)間で風速30メートルの規制値以上の強風を観測したため、複数の列車が一時運転を見合わせた。

 JR九州によると、午後1時35分ごろから約15分間、上下2本の運転を見合わせた。その後も強風があり、同2時35分ごろから約2時間半にわたり同じ区間で複数の列車の運転を見合わせた。

 福岡管区気象台によると、八代、水俣両市では27日夜から強風注意報が出ていた。