春の嵐、空のダイヤ乱れる 280便超の国内線が欠航

悪天候のため、国内線に欠航便が出たことを伝える案内板=1日午前、羽田空港
悪天候のため、国内線に欠航便が出たことを伝える案内板=1日午前、羽田空港【拡大】

  • 悪天候による欠航など、運航ダイヤへの影響を知らせる航空会社のカウンターにあるモニター=1日午前、羽田空港

 日本列島が春の嵐に見舞われた1日、空のダイヤが大きく乱れ、航空各社は国内線の280便超を欠航にした。今後も雪や強風が運航に影響する恐れがあるとして、乗客に対し、ホームページなどで運航状況を確認するよう呼び掛けている。

 降雪や強風の影響が出たのは、新千歳や青森、秋田、成田などの各空港を発着する便。欠航は、午前11時半までの集計で日航が117便、全日空が93便、AIRDO(エア・ドゥ)が22便、フジドリームエアラインズが20便など。