リニア入札談合 大成建設「逮捕承服しかねる」否認方針明らかに

 大成建設は2日、リニア中央新幹線の工事を巡り、独禁法違反容疑で元常務の大川孝容疑者(67)が逮捕されたことに「到底承服しかねる」とのコメントを出した。容疑について「違反に該当しないと考えており、今後の捜査の過程で当社の主張をしていく」と否認する方針も明らかにした。

 コメントは広報室長名で出された。大川容疑者が昨年12月8日以降、「25回、約3カ月にわたり任意で応じているにもかかわらず逮捕された」と捜査手法を批判した。

 一方、部長の大沢一郎容疑者(60)が逮捕された鹿島は「誠に遺憾で、関係の皆さまに多大な心配を掛け、深くおわびする。引き続き捜査に全面的に協力する」とのコメントを公表した。

 大林組は取材に「引き続き捜査に全面的に協力する」。清水建設は「こうした事案があったことは誠に遺憾だが、捜査に関することはコメントを控える」としている。