楽天カード、一部で使えず システム不具合

システム不具合を告知する楽天カードの公式サイト
システム不具合を告知する楽天カードの公式サイト【拡大】

 楽天は3日、発行するクレジットカード「楽天カード」で一部サービスが使えなくなるトラブルが発生したと発表した。一部の利用者がカードを使って買い物などができなくなった。システムの不具合が原因。広報担当者によると、買い物は4日未明に、借り入れなどその他のサービスは5日をめどにそれぞれ復旧する見通しとしている。

 トラブルは1日午後11時50分ごろに発生した。口座処理の遅れにより顧客の利用可能金額が最新の状態にならず、買い物ができないといった不具合が生じた。サイバー攻撃が原因ではなく顧客情報の流出もないという。

 楽天カードの会員数は約1500万人。楽天は3日夜、仮想商店街「楽天市場」でセールを予定しており、売り上げに悪影響を与える恐れもありそうだ。