神鋼社長・副社長、引責辞任へ 品質不正 新たにグループ6社・部門で改竄判明 (1/2ページ)

記者会見で頭を下げる、神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長(手前)=6日、東京都中央区
記者会見で頭を下げる、神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長(手前)=6日、東京都中央区【拡大】

 神戸製鋼所は6日、一連の製品のデータ改竄(かいざん)問題の責任を取って、川崎博也会長兼社長(63)が4月1日付で辞任する人事を発表した。会長職は廃止し、後任社長は近日開催する取締役会で決定する。不正が見つかったアルミ・銅事業担当の金子明副社長(63)も辞任する。経営陣を刷新して品質不正で失った信頼の回復に取り組む。

 川崎氏と金子氏は4月1日付で取締役に就き、6月下旬の株主総会で取締役も退く。

 6日に会見した川崎氏は品質不正を陳謝し、「多くの顧客に迷惑をかけ、信頼を失ったことは痛恨の極み」と述べ、「神戸製鋼が変わったと思ってもらうには、新体制で再発防止策や改革をやることが必要だ」と退任理由を語った。

 後任社長の人選では「社外取締役の意見を聞き、対策をリーダーシップを持って確実に実行できる能力などで総合的に決める」との考えを示した。

 同社は6日、外部調査委員会の調査に基づく最終報告書を公表し、新たにグループ6社・部門でデータ改竄が見つかり、163社に不正な製品を出荷したことが判明した。納入先はこれまで公表していた525社から拡大する。

 また、報告書では不正には、過去の役員2人が役員就任以前に直接関与していたことも判明した。

報告書のポイント