神鋼の川崎社長が引責辞任へ 断ち切れなかった不祥事連鎖、社内から同情の声も (1/2ページ)

記者会見で厳しい表情を見せる、神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長=6日、東京都中央区
記者会見で厳しい表情を見せる、神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長=6日、東京都中央区【拡大】

 神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長が性能データ改竄(かいざん)問題の責任を取って辞任することを決めた。川崎氏は2013年4月の社長就任以来、低迷する業績の回復を急ぐ一方、グループの一体化やコーポレートガバナンス(企業統治)の強化に腐心してきた。だが成長路線への復帰もかなわないばかりか、不祥事の連鎖も断ち切れず、改革は不十分に終わった。

 対症療法で済ます

 川崎氏は、外部調査委員会の調査結果が出た後で進退を決めるとしていた。辞任は1週間前に最終調査報告書の骨子を聞かされてから考え始め、5日の取締役会で正式に決めたという。

 川崎氏は社長就任時に2年連続で最終赤字を計上していた業績の改善に尽力。就任2年目の15年3月期には早くも黒字転換を果たした。将来の国内市場縮小を見据え、阪神・淡路大震災からの復興の象徴だった神戸製鉄所(神戸市灘区)の高炉休止に踏み切るなど、中長期的視点に立った経営も進めた。

 一方、事業部門同士の連携がなく、情報共有も不完全な「縦割り」組織の弊害を痛感。16年4月に会長を兼ね、自身に権限を集中させて組織の壁を取り払おうとする一方、同年にグループ会社で発覚した不正を受けて現場との対話を増やした。そうした姿勢を評価する社員は多く、「不正に関与したわけでなく、やっていることは間違っていなかったので、辞任は残念」と同情する声も聞かれる。

「会社を変える」、決意実らず