完成した新型新幹線公開 JR東海「N700S」

東海道新幹線の新型車両「N700S」に採用されたLEDのヘッドライト=10日午前、浜松市
東海道新幹線の新型車両「N700S」に採用されたLEDのヘッドライト=10日午前、浜松市【拡大】

  • JR東海が報道公開した東海道新幹線の新型車両「N700S」=10日午前、浜松市
  • 東海道新幹線の新型車両「N700S」の運転席=10日午前、浜松市
  • 東海道新幹線の新型車両「N700S」の車体に描かれたマーク=10日午前、浜松市
  • 東海道新幹線の新型車両「N700S」の普通席=10日午前、浜松市
  • 東海道新幹線の新型車両「N700S」のグリーン席=10日午前、浜松市
  • 東海道新幹線の新型車両「N700S」(右)と従来のN700系=10日午後、浜松市
  • 東海道新幹線の新型車両「N700S」(手前)と現行のN700系=10日午後、浜松市

 JR東海は10日、東海道新幹線の新型「N700S」が試験走行を始めるのを前に、完成した車両を同社の浜松工場(浜松市)で報道陣に公開した。空気抵抗を減らすため従来のN700系に比べて両端の縁を立たせたシャープな形の先頭車両や、車体側面に表示された金色のシンボルマークが特徴だ。

 モーターなど走行に必要な機器を軽量化したほか、緊急時に短い距離で停車できるようにブレーキ性能を向上させた。ヘッドライトに発光ダイオード(LED)を採用した上で2割大きくした。

 室内も改善し、これまで普通席では原則窓側にしかなかったコンセントを全席に設置した。

 JR東海は20日から試験走行をスタートさせ、性能の確認を進め、2020年度に営業運転を始める予定だ。