森友文書 安倍首相、書き換えで陳謝 「行政の長として責任痛感、深くおわびする」

「森友文書」書き換え問題で陳謝する安倍晋三首相。官邸で報道陣の取材に応じた=12日午後、官邸(飯田英男撮影)
「森友文書」書き換え問題で陳謝する安倍晋三首相。官邸で報道陣の取材に応じた=12日午後、官邸(飯田英男撮影)【拡大】

  • 「森友文書」書き換え問題で陳謝する安倍晋三首相。官邸で報道陣の取材に応じた=12日午後、官邸(飯田英男撮影)
  • 「森友文書」書き換え問題で陳謝する安倍晋三首相。官邸で報道陣の取材に応じた=12日午後、官邸(飯田英男撮影)

 安倍晋三首相は12日、学校法人「森友学園」の国有地売却をめぐる財務省の決裁文書書き換えについて「行政全体の信頼を揺るがせ、行政の長として責任を痛感している。国民に深くおわびする」と陳謝した。「二度とこのようなことが起きないよう、信頼回復に向け、組織を立て直すために全力を挙げて取り組む」と強調した。官邸で記者団に語った。