原子力、将来もベース電源 外交評論家・金子熊夫氏、ゼロ政策を批判

 共著書「小池・小泉『脱原発』のウソ」のある外交評論家、金子熊夫氏が13日、日本外国特派員協会で講演し、「将来的にも原子力を主力のベースエネルギーとして活用すべきだ」と述べた。小泉純一郎元首相や立憲民主党などは原発の停止や廃止を目指す「原発ゼロ」法案を提案しているが、エネルギー安全保障の観点から「非現実的だ」と批判した。

 金子氏は、資源が乏しい日本が原発ゼロになると、国際的な競争力を失うと説明。政府が進める既存原発の再稼働は「(価格)競争力がある」として、2030年度に最適な電源構成を実現するため、再稼働中の原発を現状の5基から30基程度まで増やす必要があると指摘した。

 一方、小泉氏らが導入を推進する太陽光など再生可能エネルギーは出力が安定しないため、「(ベース電源として)原発に取って代わることはできない」と強調した。