【第27回地球環境大賞】積水ハウスなど表彰

大賞を受賞した積水ハウスの阿部俊則会長(左)に、フジサンケイグループの日枝久代表からトロフィーが手渡された=9日、東京・元赤坂の明治記念館
大賞を受賞した積水ハウスの阿部俊則会長(左)に、フジサンケイグループの日枝久代表からトロフィーが手渡された=9日、東京・元赤坂の明治記念館【拡大】

 産業の発展と地球環境との共生を目指し、温暖化の防止や環境保全活動に取り組む企業・団体を表彰する第27回「地球環境大賞」(主催・フジサンケイグループ)の授賞式が9日、秋篠宮ご夫妻をお迎えして、東京・元赤坂の明治記念館で開かれ、各賞受賞者に表彰状とトロフィーが手渡された。

 式典では、大賞に輝いた積水ハウスの阿部俊則会長が、最新技術の組み合わせによってエネルギーの有効活用を図るスマートタウンの有用性を強調。防災力の向上や地域活性化の貢献につながるとした上で、「今回の受賞を励みに、先進性と独自性に富み、わが国の地域環境保全の取り組みに寄与する企業活動に邁進(まいしん)し、持続可能な社会の構築に貢献していく」と述べた。

 また、フジサンケイグループの日枝久代表は「温暖化対策の2020年以降の新たな枠組みである『パリ協定』のルール作りが本格化し、国際社会では日本の強いリーダーシップが求められている。この顕彰制度を通じて世界の経済成長と気候変動対策の両立に貢献する」と挨拶した。

 地球環境大賞顕彰制度委員会委員長を務めるキヤノンの御手洗冨士夫会長CEO(最高経営責任者)は「今後も本賞の社会的な評価をさらに高め、社会・経済の持続的発展の一助となるよう、努めていく」と語った。

 授賞式後のレセプションには産業界を中心に官界、学界などから約400人が出席。受賞者を祝福するとともに交流の輪が広がった。