財務次官セクハラ疑惑 テレ朝コメント「自らの身を守るため録音」「要請受けて録音の一部提供」 (1/2ページ)

福田事務次官のセクハラ問題について会見する篠塚浩取締役報道部長=19日未明、東京都港区(佐藤徳昭撮影)
福田事務次官のセクハラ問題について会見する篠塚浩取締役報道部長=19日未明、東京都港区(佐藤徳昭撮影)【拡大】

  • 福田事務次官のセクハラ問題について会見する篠塚浩取締役報道部長(右)と長田明・広報局長=19日未明、東京都港区(佐藤徳昭撮影)

 福田淳一財務事務次官のセクハラ疑惑に絡み、19日、テレビ朝日が明らかにした経緯は次の通り。

 週刊新潮で報じられている福田淳一財務事務次官のセクハラ問題について、セクハラを受けたとされる記者の中に、当社の女性社員がいることが判明いたしました。当該社員は当社の聞き取りに対して福田氏によるセクハラ被害を申し出、当社として録音内容の吟味及び関係者からの事情聴取等を含めた調査を行った結果、セクハラ被害があったと判断しました。

 なお先ほど、福田氏は財務事務次官を辞任する旨を発表し、その記者会見の場で週刊新潮が指摘したセクハラ行為を否定しておられますが、当社社員に対するセクハラ行為があったことは事実であると考えております。

 女性社員は精神的に大きなショックを受けセクハラ行為について事実を曖昧にしてはならないという思いをもっています。当社は女性社員の意向も確認の上、会見を行うことにいたしました。

 当社は福田氏による当社社員を傷つける数々の行為と、その後の対応について、財務省に対して正式に抗議する予定です。

続きを読む