財務次官セクハラ疑惑でテレ朝、財務省調査に慎重姿勢 「第三者性に疑念」

テレビ朝日の女性社員が福田淳一財務事務次官のセクハラ被害を受けていたと明らかにする篠塚浩報道局長(右)=19日未明、東京都港区
テレビ朝日の女性社員が福田淳一財務事務次官のセクハラ被害を受けていたと明らかにする篠塚浩報道局長(右)=19日未明、東京都港区【拡大】

 福田淳一財務事務次官によるセクハラ疑惑を巡り、女性社員がセクハラ被害を受けたと公表したテレビ朝日の篠塚浩報道局長は19日の記者会見で、財務省が協力を要請している調査について「(調査方法の)第三者性にさまざまな疑問、疑念が出ている」として慎重な姿勢を見せた。

 財務省による「外部調査」の委託先は同省の顧問弁護士で、「財務省が頼んだ事務所に女性が安心して話せるとは思えない」(社民党の福島瑞穂副党首)などと中立性を疑問視する声が上がっていた。

 篠塚局長によると、福田氏の疑惑が報道される中で16日に女性社員から申し出があり、調査の結果、被害があったと判断。今週中をめどに公表する予定だったが、福田氏が18日の辞任表明の記者会見でも重ねて疑惑を否定したことから、公表のタイミングを早めたという。