ニックネームは「ゴリラ」「省エネ」 更迭の福田財務次官 こわもての“非優等生” (1/2ページ)

セクハラ問題で辞意を表明した財務省の福田淳一事務次官=18日午後、東京・霞が関(春名中撮影)
セクハラ問題で辞意を表明した財務省の福田淳一事務次官=18日午後、東京・霞が関(春名中撮影)【拡大】

 財務省の福田淳一事務次官は、同期の中でも将来の次官候補の一人と目されてきた。その一方、若い頃はサーフィンが趣味でマージャンが強いなど、財務官僚に多い“優等生タイプ”とは一線を画すことで知られた。

 「頭が良くて仕事も早い」。ある財務官僚は福田氏の能力の高さを称賛する。

 昭和57年に入省後、予算を担当する主計局で社会保障などを担当し、総合政策課長や官房長など次官への登竜門を歩んだ。平成27年に主計局長に就任してからは歳出改革などを手掛けた。

 同期には、学校法人「森友学園」への国有地売却問題で辞任した佐川宣寿(のぶひさ)・前国税庁長官や、売買交渉時に財務省理財局長だった迫田英典氏、片山さつき参院議員らがいる。

 一方で「とにかくこわもてだった」と話すのは、福田氏と仕事をしたことのある財務省OBだ。「ゴリラ」のニックネームで呼ばれることもあったという。政治家の反発が予想され、実現の難しい政策には消極的で、無駄なことを嫌う性格のため「省エネ」と呼ぶ若手もいた。

 次官就任前から、担当記者の間では「女性記者はすぐに省内の自室に招き入れるが、男性記者にはそっけない」という声も聞かれていた。

続きを読む