神鋼をデータ改竄で捜査 虚偽表示の疑い 東京地検・警視庁

神戸市中央区の神戸製鋼所神戸本社
神戸市中央区の神戸製鋼所神戸本社【拡大】

 神戸製鋼所の製品データ改竄(かいざん)問題で、東京地検特捜部と警視庁捜査2課が捜査に乗り出したことが25日、分かった。不正競争防止法違反(虚偽表示)の疑いもあるとみて関係者から事情を聴き、全容解明を進める。米司法省も既に調査に着手しており、日本のメーカーへの信頼を失墜させた不正は、刑事事件に発展する可能性が高まった。

 神戸製鋼所は「現在、捜査機関による捜査が行われている。関係者に多大な迷惑を掛け深くおわびする」とのコメントを発表。具体的内容への言及は避け「真摯(しんし)に対応、協力していく」とした。

 神鋼が3月に公表した最終報告書などによると、アルミニウムや銅、鉄粉製品などの一部で、顧客の仕様を満たしたかのように強度などのデータを改竄して出荷。問題がある製品の納入先は600社以上に及ぶ。

 不正に直接関わったり、認識したりしていたのは40人を超え、アルミ製品を製造していた真岡製造所(栃木県真岡市)では、遅くとも1970年代から改竄があったという。