「安西洋之のローカリゼーションマップ」が連載300回!

 ビジネスプランナーの安西洋之さんがSankeiBizに執筆する連載・コラム「安西洋之のローカリゼーションマップ」が、5月20日にアップされる記事で連載300回を迎えます。

 SankeiBizの連載・コラムの中でも最多の連載回数を誇り、毎週日曜日の朝の更新を楽しみにしている読者は少なくありません。

 「ローカリゼーションマップ」とは、異文化市場を短期間で理解するためのアプローチで、ビジネス企画を前進させるための異文化の分かり方のこと。欧州滞在歴が長く現在はミラノ在住の安西さんは、デザインから文化論まで全方位で活動し、ローカリゼーションマップのビジネス化を図っています。

 このコラムもそうした視点に立ち、デザインやモノづくりから、仕事、芸術、教育などさまざまな事象を論じてきました。安西さんは「ビジネス分野で文化差をどう乗り越え、どう生かすかをテーマに毎週書き続けてきた」と振り返っています。

 節目となる第300回目は、「発酵」の文化がテーマ。和食と世界の関わりについて考察してきた安西さんが新たな発見について語ります。

 これからも「安西洋之のローカリゼーションマップ」にご期待ください。(SankeiBiz編集部)

▼「安西洋之のローカリゼーションマップ」のアーカイブはこちら