「ほぼ日」20周年記念イベント「生活のたのしみ展」はグルメや雑貨…ワクワクがいっぱい (1/4ページ)

 恵比寿ガーデンプレイスが商店街に!? 約70店舗が集結して開催

 ほぼ日刊イトイ新聞(以下、ほぼ日)と、さまざまなアーティスト、目利き、ブランド、ショップ、企業などが組んで開催する第3回「生活のたのしみ展」では、創刊日の翌日(6月7日)から5日間、恵比寿ガーデンプレイスに「ここにしかない、とくべつな商店街」を創りあげます。さらに、ワークショップやアトラクション、ミニライブなど、買いもの以外の企画も満載!

 第3回「生活のたのしみ展」では、お弁当やスイーツなど、よりすぐった食べものを提供する「おいしい広場」、縁日の屋台のように活気あるテントが立ち並ぶ「ウエルカム参道」、服や雑貨など多くの店舗が集まるメインエリア「たのしみ大広場」、フリマや日替わりイベントなど買いもの以外の催しがたのしめる「にぎわいガーデン」といった、4つのエリアに約70の店舗が勢揃い♪

 それぞれの店舗の内容は、出展者とほぼ日が共同で、「生活たのしみ展」のために企画されています。普段、店舗というかたちで登場することが少ないアーティストやスタイリスト、いつもとはちがう顔を見せてくれるブランドや企業など、ここにしかないお店・出展者に出会えるのも大きな魅力です。また今回ならではのお楽しみとして、創刊20周年にちなんだグッズやスペシャルイベントも開催予定。

生活が楽しくなるアイテムが勢揃い