東大生産研が「ラピュタの島」に滞在型ラボ 地元密着で漁港の町の活性化策を練る (1/3ページ)

東京大学生産技術研究所の研究拠点となる古民家。ここから情報が発信される=和歌山市
東京大学生産技術研究所の研究拠点となる古民家。ここから情報が発信される=和歌山市【拡大】

  • 東大生産研の研究拠点となる古民家=和歌山市

 「ラピュタの島」と呼ばれる友ケ島が観光で人気の漁港の町、和歌山市加太地区に6月、東京大学生産技術研究所が国内では珍しい駐在型の研究拠点(ラボ)を開設する。市の中心部から近く、自然に恵まれた同地区は観光客は多いが、下水道が未整備で過疎・高齢化も進み、市が唱える移住・定住が進んでいない。そこで地区の民家調査を続けてきた同研究所が活性化に協力することに。研究所は「ラボを拠点にフィールド調査などを重ね、観光や移住に特化したエリアを設定することで地元の受け入れ体制を充実させたい」としている。(小笠原僚也)

 築100年以上の古民家をリノベーション

 東大生産技術研究所の「加太分室 地域ラボ」は6月末に開設予定。千人以上の工学分野の研究者を擁する、日本最大級の大学付属研究所が開設する分室への期待は地元でも大きい。

 同研究所は、経済産業省の地域活性化モデルを考える事業で加太地区がリストに上がったことから同地区とつながりを持ち、26年度から研究の一環として、古民家の活用調査や住民とのワークショップなどを実施。地区内で住民と観光客の歩くルートが大きく異なっていることなども調べた。

 さらに外部からの視点ではなく、地元に根ざした研究を進めるため、今回のラボ開設を決めたという。

築100年以上の古民家をリノベーションして転用