【スポーツbiz】さあ、FIFAワールドカップ・ロシア大会だ (1/3ページ)

ロシア対サウジアラビアの開幕戦が行われるルジニキ競技場=モスクワ(AP)
ロシア対サウジアラビアの開幕戦が行われるルジニキ競技場=モスクワ(AP)【拡大】

 6月の声を聞き、サッカーファンは腰が落ち着かない。現地時間の14日午後6時(日本時間15日午前0時)、モスクワでのロシア対サウジアラビア戦で「2018FIFA(国際サッカー連盟)ワールドカップ・ロシア大会」の幕が開く。

 6大会連続出場の日本代表はコロンビア、セネガル、ポーランドとのグループH。2位以内に入って、まずは決勝トーナメント進出を目指す。

 初戦は21日午後9時からのコロンビア戦(サランスク)。FIFAランキング16位相手に、同60位の日本がどれだけ自分たちのプレーができるのか。

 開幕2カ月前でのハリルホジッチ監督解任、西野朗監督就任という緊急事態に直面し、代表23人の選出は遅れた。平均年齢は過去最高28.3歳、経験豊かな選手たちの熟達した技と意思疎通に頼るしかない。

 鈍い関連商品の動き

 本番前の騒ぎはサッカー商戦にも影響、関連商品の売れ行きは鈍いという。代表選手が直前まで決まらず、名前入りユニホームの製作が遅れて売れ行きは低調だ。ビザ取得の煩わしさが手伝い、ロシアへの観戦ツアーもあまり伸びていない。

 一方、大会組織委員会は、ロシア国内での経済波及効果を23年までに最大308億ドル(約3兆3855億円)に達すると試算、公表した。低迷するロシア経済の牽引(けんいん)役が期待される。

 ワールドカップ(W杯)に限らず、大規模スポーツ競技大会では常に経済効果に期待がかかる。しかし、受け入れる態勢が整わなければ効果は薄い。

続きを読む