人気のトーマス号運行開始 静岡の大井川鉄道

大井川鉄道の新金谷駅で出発を待つSLのトーマス号=9日午前、静岡県島田市
大井川鉄道の新金谷駅で出発を待つSLのトーマス号=9日午前、静岡県島田市【拡大】

 テレビ番組「きかんしゃトーマス」のキャラクターを模した蒸気機関車(SL)の運行が9日、静岡県の大井川鉄道で始まった。今年5年目で、人気の路線として知られる。週末を中心に10月14日まで運行され、トーマスファンの親子連れでにぎわいそうだ。

 キャラクターのSLはトーマス号とジェームス号の2種類で、新金谷(島田市)-千頭(川根本町)の37・2キロを約1時間15分かけて走行する。車窓から大井川や茶畑の風景を楽しむことができる。

 9日は新金谷駅で出発式を開いた。トーマス号が白い煙を上げながら駅のホームに現れると、集まった子供たちから歓声が上がった。神奈川県茅ケ崎市から両親と来た奥野哲平ちゃん(4)は「トーマスはかっこよくて大好き。早く乗りたい」と目を輝かせていた。

 ジェームス号は7月21日から登場する。

 予約の受け付け状況は大井川鉄道のホームページで確認できる。