映画館で、映画祭で…シネマに広がるVRの世界 「体験エンタメ」定着するか (1/4ページ)

 VR(バーチャルリアリティー、仮想現実)映画の市場が広がろうとしている。PCメーカーのVAIO(長野県安曇野市)、映画会社大手の東映(東京都中央区)、映像制作のクラフター(東京都港区)では、映画館のシートに座ってVRヘッドセットを着用し、VR映画を鑑賞する「映画館でVR!」の試みを7月2日からスタート。7月13日開幕のSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018では、今回からVR映画上映のプログラムが設けられた。6月に日本で開かれていたショートショートフィルムフェスティバル&アジア2018でもVR360°プログラムを上映。こうした試みを経て、VRを家だけでなく、映画館や映画祭のような場で体験するエンターテインメントが定着するかに映像業界の関心が向いている。

「映画館でVR!」上映作品紹介ポスター

「映画館でVR!」上映作品紹介ポスター

 家などでは味わえないVR体験

 「自宅やスマホからでも気軽に映像を楽しめる状況で、新たな映画の形としてVR映画をお届けし、映画館に訪れて頂くバリューを高めていきたい」。東京都新宿区の新宿バルト9で6月26日に開かれた「映画館でVR!」の発表会見で、東映取締役企画調整部長の村松秀信氏はこう話して、VR上映が映画館の集客増につながる可能性に期待した。映画館ではこれまでも、シートが動き光や風などの演出も加わった4Dや、ハイクオリティの映像や音響を体験できるIMAXなどを導入し、映画館ならではの鑑賞体験ができるようにして来た。VR上映も映画館ならではの鑑賞プログラムとして観客にアピールしたい考えだ。

「周囲の気配が聞こえてくる」