ヘイリー米国連大使が年内で退任 20年大統領選への出馬観測否定

ヘイリー米国連大使(左)の退任を発表するトランプ米大統領=9日、ホワイトハウス(AP)
ヘイリー米国連大使(左)の退任を発表するトランプ米大統領=9日、ホワイトハウス(AP)【拡大】

 トランプ米大統領は9日、ヘイリー米国連大使が年内いっぱいで退任すると発表した。ヘイリー氏は6カ月前に辞意を表明していたという。在任期間は約2年間。大統領は「立派な仕事ぶりだった。共に素晴らしい仕事を成し遂げた」と述べた。

 元サウスカロライナ州知事のヘイリー氏は自身の大統領選への出馬観測を繰り返し否定してきた。この日も「2020年の大統領選には出馬しない」と表明し、トランプ大統領の選挙運動に加わると述べた。

 ヘイリー氏は国連大使として、北朝鮮に対する制裁強化や同国政府に非核化協議で圧力をかける米国の取り組みを主導してきた。同氏は退任理由や退任後に何をするかについては明らかにしなかった。

 同氏が退任を決めたことは、ケリー米大統領首席補佐官やペンス副大統領らホワイトハウス当局者の多くにとっても予想外だった。複数のホワイトハウス高官は中間選挙まであと数週間というタイミングでの退任表明に疑問を抱いたという。

 トランプ大統領は2、3週間程度で後任を指名する考えを示した。関係者によると、後任候補の一人はゴールドマン・サックスのパートナー、ディナ・パウエル氏だ。また、グレネル駐独大使も候補と目されており、保守派コメンテーターのヒュー・ヒューイット氏や複数のトランプ大統領側近らは早速ツイッターで支持を表明した。

 複数の政府当局者とトランプ大統領のアドバイザーらは、ポンペオ国務長官と元国連大使のボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)がヘイリー氏の後任選定で中心的役割を果たす見通しだと話した。(ブルームバーグ Jennifer Jacobs、Justin Sink)