米大統領と口論の記者“出禁”

7日のホワイトハウスでの記者会見でCNNのアコスタ記者を指さして激怒するトランプ米大統領(AP)
7日のホワイトハウスでの記者会見でCNNのアコスタ記者を指さして激怒するトランプ米大統領(AP)【拡大】

 米ホワイトハウスは7日夜、CNNの記者、ジム・アコスタ氏の記者証を無効とした。同氏は中間選挙後の記者会見中にトランプ大統領と口論になった。

 サンダース大統領報道官は、アコスタ氏が記者会見中にホワイトハウスのインターンの女性に対して失礼な振る舞いをしたと説明。インターンがアコスタ氏からマイクを受け取ろうとしたときに手放すのを拒んだと主張した。

 同報道官は声明で、大統領は「自身と政権に対する厳しい質問を歓迎する」としたうえで、「しかしながら、ホワイトハウスのインターンとして自分の仕事をしようとしているだけの若い女性に対して手を上げるという記者の行動は容認できない」と説明した。

 アコスタ氏の名前には言及しなかった。

 会見でトランプ大統領は下院を民主党に奪還されたことなどについて質問されいら立ちを募らせた。アコスタ氏が移民に関する大統領の激しい発言を暗に批判すると、「無礼」だと怒り、「座れ」と何回も繰り返した。

 CNNはコメントを出し、アコスタ氏の記者証を無効にする措置は「記者会見での挑戦的な質問に対する報復」だと主張。サンダース報道官が指摘した出来事は「起こらなかった」と付け加えた。(ブルームバーグ Justin Sink、Jennifer Jacobs)