文大統領、徴用工で日本批判 年頭会見「問題拡散、賢明でない」

10日午前、ソウル市内の大型画面に映し出された文在寅・韓国大統領の年頭記者会見(AP)
10日午前、ソウル市内の大型画面に映し出された文在寅・韓国大統領の年頭記者会見(AP)【拡大】

 韓国の文在寅大統領は10日、ソウルの大統領府で年頭記者会見を行い、韓国最高裁が新日鉄住金に賠償を命じたいわゆる徴用工訴訟をめぐり、三権分立の原則から韓国政府は司法判断を尊重しなければならないと表明した。また「日本の政治指導者が政治的な争点とし、問題を拡散させているのは賢明ではないと考える」と批判した。

 徴用工問題で韓国政府が対応を検討していることについては、朴槿恵前政権下で徴用工訴訟の遅延工作が図られた事件の捜査を見守る必要があるとして、策定には時間がかかるとの認識を示した。

 日本が求める、賠償を命じた判決の趣旨に反する対応を取ることは明確に拒否した形で、徴用工問題は収拾がつかない状態が続く見通しになった。日本政府は一層反発を強めそうだ。

 文氏は「日本は判決に不満を示せるが、韓国政府が司法判断を尊重すべきなのはやむを得ないとの認識を持つべきだ」と強調した。

 また、「日本政府はもう少し謙虚な立場を持たねばならない」とも指摘。被害者の苦痛を癒やす問題をどう解決するか、日韓が知恵を合わせるべきだと主張した。

 日本政府は9日に、徴用工訴訟をめぐり、1965年の日韓請求権協定に基づく政府間協議を韓国側に要請した。韓国外務省は要請を「綿密に検討する」と表明したが、具体的な対応は示していない。

 会見で文氏は、中断している北朝鮮との経済協力事業の開城工業団地稼働や金剛山観光の再開へ意欲を示し、前提となる対北朝鮮制裁問題を早期に解決するため「米国など国際社会と協力していく」と述べた。

 文氏は、10日までの金正恩朝鮮労働党委員長の中国訪問は米朝首脳再会談が近づいた兆候だとの認識を示し、「朝鮮半島の平和を強固にする転換点となる」と期待感を示した。また昨年推進し実現しなかった金正恩氏のソウル訪問は、米朝首脳再会談の後になると見通した。昨年末に金正恩氏から親書を受け取った返礼として、文氏も最近、金氏に親書を送ったことを明らかにした。(ソウル 共同)