トランプ氏、「時間の無駄」と途中退席 民主議会指導者との会談

 米国の一部政府機関閉鎖が19日目となった9日、トランプ大統領はホワイトハウスで民主、共和両党の議会指導者と会談した。だが、大統領が途中退席して協議は物別れに終わった。会談はわずか20分ほどで打ち切られたという。

 トランプ大統領はその後、民主党のペロシ下院議長やシューマー上院院内総務らが交渉に応じようとせず、話し合いは「時間の無駄」だったとツイートした。

 トランプ大統領はツイッター投稿で、「シューマー、ペロシ両氏との会談の席を立ってきたところだ。私が迅速に政府機関を再開したら30日後にどうなるかと尋ねた。壁ないし鉄柵を含む国境警備を認めるつもりかと。ペロシ氏は認めないと答えた。私はさよならするしかないと言った」と説明した。

 シューマー院内総務はその後、記者団に対し、トランプ大統領は「思い通りにならず出ていった」と述べた。

 ペロシ議長は「大統領は怒って協議の場から飛び出していった。短気な大統領だ」としたうえで、トランプ大統領の協議に臨む姿勢は「情けない」と指摘した。

 上院民主党ナンバー2のダービン院内幹事によれば、トランプ大統領は会談の途中で議会指導者らに、「何でこんなことをしているのか分からない。この会合をしたくなかった。しなければならないといわれただけだ」と述べたという。(ブルームバーグ Laura Litvan)