【ビジネスアイコラム】露極東の親日派有力市長が辞任 浮上する地方と中央のいびつな関係 (3/3ページ)

※画像はイメージです(Getty Images)
※画像はイメージです(Getty Images)【拡大】

 ベルケエンコ氏はタラセンコ氏の下で任命されており、コジェミャコ氏が知事代行に指名されたことを受け、市長の座を降りたとの見方が強い。またタラセンコ氏が勝利できなかった事態を受け、「与党に属していないベルケエンコ氏への風当たりが強くなっていた」(極東事情に詳しい日露貿易筋)とも指摘されている。

 ウラジオストクはロシアの対アジア外交の中心地で、プーチン政権が12年のアジア太平洋経済協力会議(APEC)以降、巨額を投じて開発を進めてきた。

 日露間でも毎年秋に首脳会談が開かれ、日本の経済協力も行われるなど、政治・経済両面で日本にとり高い重要性を持つ。

 しかし今回の辞任劇は、ロシアの地方政治が抱える矛盾を改めて浮き彫りにしただけでなく、ベルケエンコ氏の手腕に期待した日本企業や行政関係者に冷や水を浴びせる結果となった。(産経新聞大阪経済部 黒川信雄)