新幹線の券売機使用できず、JR各社で影響 システム改修で不具合か

「調整中」の紙が張られたJR新横浜駅の東海道新幹線自動券売機=15日午前
「調整中」の紙が張られたJR新横浜駅の東海道新幹線自動券売機=15日午前【拡大】

 15日午前、東海道新幹線の新横浜、名古屋など複数の駅で自動券売機が使用できなくなった。JR東海のほかJR東日本、西日本の管内でも新幹線自動券売機で自由席特急券を買えないなどのトラブルが発生。JR東海によると、トラブルは順次解消している。

 JR側によると、システム障害が起きているのは自動券売機で使われているJR6社共通の「マルス」と呼ばれるシステム。JR各社が出資し、管理を担う鉄道情報システム(東京)によると、券売機のシステム改修に伴ってプログラムに不具合が起きたという。

 システムには各社共通部分と各社で管理する部分があり、原因がどの部分だったか特定できておらず、復旧のめどは立っていない。

 今回のトラブルでは、券売機で往復の自由席を購入しようとした場合、画面が固まる現象が起きた。再起動すれば、使えるようになるが、同じ操作で再び固まる状況に陥ったという。

 JR東海によると、駅員のいる窓口では切符の購入が可能で、東海道新幹線は通常通り運行。東京駅や品川駅でも一部の券売機が使えないが、いずれも目立った混乱はないという。