ドン引き公務員そろそろクビですか? 「カブトムシ獲るしか仕事ない」でも諦めない!

 
異色の地方公務員の奮闘ぶりを描く「県庁そろそろクビですか?:『はみ出し公務員』の挑戦」(円城寺雄介著、小学館新書http://www.shogakukan.co.jp/books/09825257)

 4月に入り、街で初々しい新入社員の姿を見かける機会が多くなった。社会人となり、希望に胸を膨らませている人が多い一方、一般企業に勤務する知人らから最近、よく聞かされるのは「人も羨(うらや)む有名企業に就職が決まりながら、3年以内にさっさと辞める新入社員が多くて困っている」という嘆きの声だ。

 中には「次の就職先も決まっておらず『とりあえず司法試験の合格めざして頑張ってみようと思います』という漠然(ばくぜん)過ぎる理由でさっさと辞めてしまう人も少なくないという。

 そんな新入社員の皆さんや、いま、就職活動に奔走中の大学生にぜひお勧めしたい1冊が「県庁そろそろクビですか?:『はみ出し公務員』の挑戦」(円城寺雄介著、小学館新書 http://www.shogakukan.co.jp/books/09825257)である。

 著者の円城寺さんは佐賀県庁の職員で、救急医療改革を全国に広める活動を続けており、県内の全救急車に米アップルのタブレット端末「iPad(アイパッド)」を配備し、けが人らの搬送時間の短縮に全国で初めて成功してメディアにも取り上げられた“有名人”なのだが、あまりにも仕事に熱すぎて周囲から「そろそろクビか?」「はみ出しすぎ」と揶揄(やゆ)される日々を送っている。

 しかし、そうした雑音やプレッシャに屈するどころか、それを糧にさらなる“はみだしぶり”を発揮する“スーパー公務員”として知られる異色の存在なのだ。

 本著は、そんな彼が自らの言葉で自らの挑戦の日々を綴った奮闘記なのだが、いきなり冒頭から、彼が「現場主義」を重視し過ぎるあまり、佐賀県庁の医務課に異動になって数日後の2010年4月、「いわゆる“救急医療患者のたらい回し”問題など何が実際の課題なのかを知るため」との思いから、救急車に乗せてほしいと頼み込み「なんば考えとっとね、君は! バカじゃなかね!」と呆れられる逸話からスタート。読み手の意表を突く。

 その後も、入庁式で「唐津土木事務所 用地課勤務を命じる」との辞令を受け取って以来「わけもわからないまま用地買収の最前線に放り出されることになった」彼が“デビュー戦”でいきなり地権者からけんもほろろに扱われるという手痛い敗北を経験。

 入庁4年目で初の異動を経験し「県の農林水産商工本部(当時)に属する」という「本庁の生産者支援課」に配属された際も、農林水産業に携わる人たちの共済や金融などの指導検査を行う部署を任され「ドラマ『半沢直樹』で、片岡愛之助さん演じる金融庁の検査官」の仕事の「農協版、漁協版」という仕事で、銀行員もびっくりの金融専門用語と格闘する日々。

 そして入庁7年目には、同僚や先輩が「カブトムシを獲るくらいしか仕事がない」「毎日、17時に帰れてよかにゃ」と白い目で見る「職員研修所」に配属されるも、ここで教わった「小さなことから始める勇気」「始めたことを大河にする根気」という言葉で自身を鼓舞し、やりがいを見いだす。

 そして2010年4月、「県庁内でも誰もが行きたがらないワースト部署の上位に入る」という健康福祉本部の医務課に。膨大な仕事量に押しつぶされそうになりながらも、前述したように、救急車でけが人らを搬送する時間を短縮することに全国で初めて成功したほか、医師と協力してのドクターヘリの導入など、著しい成果を上げることに成功し、全国の自治体の注目を一身に浴びた。

 民間企業でも、これほどの成果を出すには数え切れない程のトラブルや軋轢(あつれき)を経験するものだが、それを公務員という立場でやり遂げるのは本当に凄いことだ。

 しかし彼は“安定性”という形容詞が1番しっくりくる公務員という仕事について「私は『社会のために挑戦できること』が公務員の魅力だと思っている」と断言。

 さらに「たとえ周りが何と思おうが、どんな評価をされようが、いい仕事をするために挑戦していけるのが、公務員の最大の魅力なのだと私は思う」と胸を張る。

 ちなみに記者は本書を読んで、民間企業に就職した新入社員のみなさんも、彼のこの発言の「公務員」の部分を自分の職業に置き換えて挑戦を続けるべきだと痛感した。

 そして「この仕事は自分に向いていない」「まさかこんな仕事だとは思わなかった」と早々と辞表を出す前に、この本の著者の円城寺さんのように、周囲をドン引きさせるくらい、はみだしてみるべきである。そもそも、辞表を書く覚悟があるなら「会社めちゃくちゃにして辞めたるわい!」とひと暴れしてやればいいのだ。

 昨今の新入社員は妙に物分かりがよくてクールだと言われるが、そんな最近の若者について円城寺さんは「自分の頭で判断し、自分の想いに素直に行動することが怖くなっている」と指摘し「これは日本人の多くが問われている課題だと思う。SNSや情報デバイスの普及で、多くの人の声や情報が共有できるようになった半面、逆に他人の評価を気にしすぎて、本来の自分を見失っているケースも多い」と鋭い分析を披露する。

 物分かりが良過ぎて、小ぢんまりとまとまりすぎて「どうせ俺たちの老後は、年金も破綻している」と諦めムードに入る若い世代が多いから、厚かましい老害がいつまでたってもしゃしゃり出てくるのだ。円城寺さんのように、みんなが大きな結果を出しながらはみだし続ければ、老害の居場所はなくなる。(岡田敏一)