40年後に広がる「家計格差」 社会人1カ月目から始まっている!

提供:PRESIDENT Online

 新社会人のみなさん、ご就職おめでとうございます。真新しいスーツに身を包み、これから始まる新しい生活にワクワクしていることでしょう。

 働き始める。これは同時に、ご自身の新しい家計管理がスタートしたことも意味します。

 自分で得た収入をどう使うか。その使い方次第であなたの人生は変わります。そんなふうに言うと、少しオーバーに聞こえるかもしれません。でも、あながち的外れでもありません。ファイナンシャルプランナー(FP)として、多くの家計を診断してきて言えること。それは、お金は使えば減るし、使わなければ残る。ただ、それだけのことです。今回は、新社会人のみなさんに「当たり前だけどきちんとしたいお金のこと」と題して3つのアドバイスを差し上げたいと思います。

 新社会人ではない方も、老後が不安と思う若い世代のみなさんには大切なことなので、よかったらお付き合いください。

 [当たり前だけどきちんとしたいお金の話:その1]

 ▼正しいお金の使い方を学ぼう

 「2極化」という言葉をしばしば聞くと思います。教育や情報、いろんな面でいまの日本では2極化が進んでいるといわれます。実は、家計でもそうです。年齢を重ねるほどに「家計格差」は広がっていきます。

 同期入社の仲間を思い浮かべてみてください。おそらくそれほど家計に差はないでしょう。ところが、時を経て、30、40、50歳と年齢を重ねていくと、徐々にその「差」は広がっていきます。リタイア後の老年期はそれまでの人生の歩みが結果となってあらわれる年代。その頃には、家計の「差(違い)」も顕著になっています。皆さんがおよそ40年数後にリタイアする頃はもっとその差が劇的に大きくなっているかもしれません。

 なぜ、差が生まれるのでしょうか。

 人生は、「お金と時間の使い方」で大きく変わるものだからではないでしょうか。

 FPという職業柄、どうしてもお金を軸に考えてしまうクセがある私ですが、生きていればお金はかかる。でも、そのお金の使い方で、良くも悪くも「人生が変わる」のです。

 お金の使い方を間違えれば、そのツケは必ず後でやってきます。

 「家計の2極化」のどちら側にあなたはいくのか。それは社会人1年目で決まると私は思います。コツコツ貯金派と、浪費散財派とでは、結婚して子どもが生まれて家を持つような年代(特に40歳前後)になると、完全に明暗が分かれます。ですから、これから本格的に家計管理に取り組み始める新社会人のみなさんには「正しいお金の使い方」をぜひ学んでほしいのです。

 では、「正しいお金の使い方」とはどんなものでしょうか。

 こちらのコラムでも何度か書かせていただていますが、簡単に言えば、「自分の人生に生きた使い方」です。みなさんの「こう生きたい」「こうありたい」という人生の目標に沿った使い方かどうかです。

 分かるようで分からない、という声が聞こえてきそうですが、とりあえず最初は、「後悔する買い物」になっていないかどうか、財布をあけるたびにチェックしてみてください。

 あなたが働いて得たお金は、いわば自分の分身です。

 自分の労力が金銭的価値である「給与」となって返ってきたものですから、お金を大事にすることは、ある意味自分自身を大事にすることと同義です。そのお金でモノやサービスを購入するというのは、大切なお金を手放して得る「交換」ですから、当然自分の人生に役立たなければ、お金がもったいないです。

 お金を大事にする、ひいては自分自身を大事にする、そして、交換で得たモノやサービスに心から満足する--。そんな身近なところから自分なりの「正しいお金の使い方」を身につける意識を持ってほしいなと思います。

 細く長く「働いて稼いで貯める」方法

 [当たり前だけどきちんとしたいお金の話:その2]

 ▼長く働くことを意識しよう

 いま社会保険料や税金が上がりつつあるのはご存じでしょう。そのため、同じ年収でも手取り収入(可処分所得)はかえって減ってしまうこともあります。この背景にあるのは少子高齢化ですが、それはこれからが本番。さらに可処分所得が減少するリスクは低いとは言えません。

 社会保障制度は、世代間扶養といって、現役の人たちが、体力的に衰えた高齢者などを支える仕組みです。その人口構造がこれから大きく変わるわけですから、家計の負担は今後も多くなることが予想されます。

 これからどのような財政的な改革が待っているかは、誰にも分かりません。しかし、分かっていることもあります。それは、そうした改革が実行されてから、家計改善しようと思ってもとても対処できないということです。ですから、その対策の1つとして、いまから長く働く意識を持つことをお勧めします。

 65歳で仕事を辞めたいと思って、70歳まで働くのはシンドイかもしれません。

 でも、75歳まで働く覚悟を持っていて、70歳でリタイアできるのであれば、同じ70歳のリタイアであっても、こちらの方が気持ちは楽でしょう。

 残念ながら公的年金の財政状況は極めて厳しい状態です。だからといって、あてにしなくていいということではありませんが、想定額よりも「少ない」という見積もりを立て、不足分をどう補ったらいいかを前もって考えておくことが賢明でしょう。

 みなさんのように若い世代の人が、将来老齢年金を受け取り始めるのに、いまの「原則65歳」から引き上げられてもおかしくありません。そうなってから慌てないためにも、若いうちから長く働く覚悟を持ちましょう。

 どうせ長く働くなら楽しく働きたいものです。自分はどんな仕事をしているときに喜びを感じるのか、また仕事の適性など、常にキャリアプランを意識しながら働くことも大事ではないかと思います。

 「天引き」に鈍感な人の家計はルーズ?

 [当たり前だけどきちんとしたいお金の話:その3]

 ▼給与明細、源泉徴収票をみるクセをつけよう

 社会人になり、働き始めると、税金の負担が生じます。具体的には、

 ・所得税

 ・住民税(社会人2年目から)

 ・社会保険料(厚生年金保険料、健康保険料、雇用保険料、40歳以上になると介護保険料)

 これらの税金の計算方法や、どういう用途に使われているのか、国民はどんな恩恵を受けているのかを知らない大人は少なくありません。私も決して偉そうなことは言えません。こうしてFPとして勉強していなかったら、いまだに知らない大人の1人だったに違いありません。

 ですが、一生懸命に働いて得たお金が「天引き」によって、強制的に奪われるのが税や社会保険料です。

 納める義務を負っているのですから、しっかりその恩恵を受ける権利も持っています。ところが、知らないばっかりにもらえる給付金(例:雇用保険に加入していると、失業した場合などに一定額を給付してもらえる)も請求せずにそのままという事例はいまだに多くあるようです。

 まずは社会人として関心を持つことからはじめましょう。それには、給与明細と源泉徴収票がとても優れたツールになります。毎月の給与から税金や社会保険料がいくら差し引かれているかは、給与明細をみれば一目瞭然です。その推移をみれば、いかに上がっているのかも分かります。

 1年間の総決算にあたるのが源泉徴収票です。

 毎年末に会社から配られることが多い、とても小さな紙きれですが、そこには税金を計算するのに必要な情報が非常にコンパクトに詰まっています。こちらもとても大切な資料です。

 銀行に振り込まれる入金額しか見ない大人が多いのですが、そうではなく、社会の一員として負担をしている以上、こうした資料にもしっかり目を通し、関心を持ってもらいたいなと思います。

 最初に、「お金の使い方で人生変わる」とお話しました。人生、お金がすべてではないとはいえ、お金の管理を失敗して人生を台無しにしてはもったいありません。

 自分の人生をどう歩んでいきたいか、じっくり考えて、そのためにあなたの大切なお金を上手に使っていってください。将来、「お金に翻弄されない」ようにするためにも、4月分の家計から、少しずつ貯金、浪費はしない、といった具合に、できることから取り組んでほしいです。

 (ファイナンシャル・プランナー 八ツ井慶子=文)