寂しい限り…凄いのは「バブル期」だけ 「世界の大富豪」番付でわかる日本の凋落

提供:PRESIDENT Online

 ビリオネアランキングは「時代を映す鏡」

 米経済誌「フォーブス」が毎年1回発表する10億ドル以上の資産を持つ大富豪「ビリオネアランキング」(世界長者番付)は、時代を映す鏡として、今や世界の恒例行事となった感がある。今年は、昨年より少し早い3月1日に発表し、各国のメディアが競うようにビル・ゲイツがトップだったことなどを伝え、日本でも大手新聞はもとよりNHKテレビまで報道した。

 「石の上にも3年」というが、フォーブス誌の「ビリオネアランキング」は今年で30回を数える。つまり、1987年から始まったわけで、四半世紀を優に超える定点観測的データの蓄積としての価値が高いが、その記念すべき第1回のトップを飾ったのは日本人で、しかも、以後1994年までの8年間にわたって日本人がトップに君臨し続けたという事実を知らない若い世代が増えている。

 ビリオネアランキングのトップに輝いた日本人は、第1回~第4回までが堤義明(西武鉄道グループの元オーナー)で、第5回と第6回は森泰吉郎(森ビル創業者)に代わったが、第7回・第8回では堤義明がトップを奪還。1987年~1994年はバブル経済を背景にした「日本の時代」だったのだ。

 堤義明や森泰吉は、地価狂騰と軌を一にし、「バブル崩壊」とともにビリオネアランキングの世界一の座から滑り落ちた。彼らにとって代わったのが、世界戦略商品「Windows95」を引っ下げて登場したマイクロソフト創業者のビル・ゲイツである。

 1995年にビリオネアのトップに躍り出たビル・ゲイツは、「Windowsシリーズ」の爆発的売り上げに連動する形で、以後2007年までの13年間、トップの座を定位置とし、「もはや不動か」と思われたビル・ゲイツだったが、翌2008年に「投資の神様」ウォーレン・バフェット(投資持株会社バークシャー・ハサウェイ会長兼CEO)にトップを奪われた。

 30年間で17回トップになったビル・ゲイツ

 しかし、2008年秋に起きた「リーマンショック」の影響で、世界長者は軒並み資産額を減らした。ビル・ゲイツやウォーレン・バフェットも例外ではなく、減額差でビル・ゲイツが再び世界一を奪回したものの、ラテン・アメリカからダーク・ホースが現れた。

 2010年~2013年までの4年間、ビリオネアのトップの座を占めたカルロス・スリムだ。

 カルロス・スリムの勢いを見て「ビル・ゲイツも、もはやこれまでか」と思った人も多かったが、ビル・ゲイツは違っていた。2014年に再びトップ奪還を果たすと、今年まで3年連続でトップに君臨し続け、その勢いはとどまるところを知らない。

 過去30年間のビリオネアランキングでトップに輝いた「世界の大富豪」は、何人いるのかというと、たった5人しかいない。彼らを「ビリオネア・オブ・ビリオネアズ」と呼ぶなら、その玉座に座るのはビル・ゲイツである。トップを取った回数は、(1)ビル・ゲイツ17回、(2)堤義明6回、(3)カルロス・スリム4回、(4)森泰吉郎2回、(5)ウォーレン・バフェット1回で、他を圧している。

 堤義明や森泰吉郎は、未曽有の地価高騰をもたらした「バブル期」という特殊な時代に咲いた“あだ花”として世界史にその名を刻んだといえる。

 ウォーレン・バフェットは、「投資の神様」という異名からリスクを好むように思う人もいるかもしれないが、実際には「石橋を叩いて渡る手堅い投資戦略」に徹しており、バクチ的な「投機」とは無縁の人。「着実な投資」しか行わず、「ローリスク・ハイリターン」という理想的成果を上げ続けてきたので、「オハマの賢人」とも呼ばれている。手堅さはランキングからもわかる。2000年以降、最低でも4位。5位以下になったことがなく、親子ほど年が違うビル・ゲイツ夫妻の財団に巨額の寄付をしたことでも知られる。

 ビル・ゲイツ、カルロス・スリム、ウォーレン・バフェットの3人による10数年にわたる資産額および順位の比較など、ビリオネアの詳細については、拙著『世界の大富豪「成功の法則」』(プレジデント社)に詳しく書いたので、ここでは割愛する。

 “台風の目”ZARAのアマンシオ・オルテガ

 2016年のトップ・スリーは、ダントツの1位がビル・ゲイツ750億ドル(約8兆5000億円)で、2位がアマンシオ・オルテガ670億ドル、3位がウォーレン・バフェット608億ドルだった。前年2位だった「メキシコの通信王」カルロス・スリムは、ラテン・アメリカ最大の通信会社「アメリカン・モービル」の業績不振が響いて、500億ドルで4位に落ちた。

 アマンシオ・オルテガは、「ファストファッション」の世界的人気ブランド「ZARA」で知られるスペインのアパレルメーカー「インディテックス」の創業者で、日本の「ユニクロ」の前に立ちはだかる強力なライバルだ。ユニクロを展開する「ファーストリテイリング」の柳井正社長は日本人トップ。資産額は146億ドルで世界ランク57位だった。ソフトバンクの孫正義は、資産117億ドルで日本人2位、世界ランク82位である。

 一方、スウェーデン発のファストファッション「H&M」の総帥ステファン・パーションは208億ドルで32位。「ファッションは、時代の流行と不即不離の関係」にあり、これら3社の繁栄は「世界的なファストファッションブームのおかげ」であり、いつまでも続くと楽観視できる保証はない。

 2016年版の主な特徴にも、簡単に触れておきたい。

 ビリオネアは世界に1810人で、総計6兆4800億ドル(約739兆円)。国別の人数は、(1)アメリカ540人、(2)中国251人、(3)ドイツ120人、(4)インド84人、(5)ロシア77人、(6)香港64人、(7)イギリス50人、(8)イタリア43人、(9)フランス39人、(10)カナダ33人、(11)スイス32人、(12)ブラジル31人、(13)日本27人……と続く。日本は前年より3人増の27人で世界13位だが、背後には台湾25人が迫っている。ビリオネア数を「国力を示す一種の指標」と考えると、アメリカや中国とは天と地ほどの開きがあり、寂しい限りだ。GDP世界3位の日本の国力とは、こんなものなのか。

 (作家 城島明彦=文)