がん闘病中の小林麻央さんがブログを新たに開設 「なりたい自分になる」

 

 歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(38)の妻で乳がんで闘病中のフリーアナウンサー、小林麻央さん(34)が1日、自身のブログを「KOKORO.小林麻央のオフィシャルブログ」新たに開設し、「なりたい自分になる」と題して思いをつづった。

 以前は「まお日記」というオフィシャルブログを開設していたが、2010年7月31日に海老蔵さんとの結婚式、披露宴を終えて感謝の言葉をつづった記事が最後の更新となっていた。

 新たなブログでは「小林麻央です。今日から、ブログを書くことにしました」と書き出し、「癌の陰に隠れないで」と尊敬する「先生」に言われたと新ブログ開設の経緯に触れた。

 また「元気になったら元の自分や生活に戻れるのだからそれまでは、誰にも知らせず、心配をかけず、見つからず、、、と思ってきました」(原文ママ)とつづり、そのことが「これまで以上に病気の陰に隠れようとして心や生活をさらに小さく狭いものにしてしまいました」と回想。「私は力強く人生を歩んだ女性でありたいから、子供たちにとって強い母でありたいからブログという手段で陰に隠れているそんな自分とお別れしようと決めました」と決意を表明した。

 「癌になってから1年以上が経ち、いつものようには身体が動かなくなった時元気いっぱいの娘や息子を前に途方に暮れる思いでした」とも書き、「『いつも一緒にいられなくてごめんね。何にもしてあげられなくてごめんね。』と胸を痛めてるママがいたら、あなただけでなく、私も同じですと伝えたいです」と同じように病気で苦しむママたちにエールを送った。

 海老蔵さんは1日、麻央さんのブログ開設とほぼ同じ時間にブログで「数日前にまおが何かをしたいと言い出した」と書き出し、がんについて「公になった事は我々夫婦にはポジティブではなかった」としながらも「少しでもお役に立てる場合もあるのかと感じた、それを私以上に感じたのが妻だ。何かをしなくてはならないという思いにかられ続けたようだ、なにも無理する事はないよ、と私は思っていたが彼女の意思は固いようでした」ともつづった。

 8月31日には、海老蔵さんが自身のブログで「まおのきもち」と題し、「麻央が自分の言葉で伝えるべきことがあるようです」と、何らかの発表があることを示唆していた。