受験生へのお薦め本

手帖

 予備校・河合塾の付属研究機関・河合文化教育研究所は冊子『読書の薦め2017 わたしが選んだこの一冊』を発行した(無料)。平成22~27年に毎年発行し、研究所の主任研究員や塾講師らが影響を受けた本と理由をつづった冊子からさらに厳選した古今東西の名作など37冊を紹介。同塾によると、受験生だけでなく高校生、教育関係者、一般からの問い合わせも多いという。

 自ら『風土 人間学的考察』(和辻哲郎著)を推薦した木村敏所長は冊子のコラムで、「良い本を読むこと」で培われた教養は「深いところで、諸君を大きく変え、受験という人生の関門を突破していく力をもつけてくれる」と呼びかけている。

 問い合わせは、同研究所事務局(電)052・735・1706かメール(bunkyo@kawai-juku.ac.jp)へ。